援助交際は本当に実在します

出会い系サイトと言うのは、見ず知らずの男女の出会いをサポートする場として存在しています。
男女問わず会員の中から、自分が目星をつけた相手と、メール交換をしながら
メル友としてまず付き合いを始めていくといった感じです。

サイトでは、互いのプロフィールや、メッセージを掲載する事もあります。
例を挙げると、『ドライブが好きなので、ドライブに行きませんか?』とか、
『一緒に遊園地へ行って楽しみましょう』などといったコメントも見ますが、
『専業主婦で昼間は暇してます。どなたか浮気相手になって一緒に色々しませんか?』
といった、刺激的な内容のものもあるようです。

でもここには、『援交希望です』と言うような内容のものは、ほとんどないです。
と言うのも、援交はそもそも犯罪行為なので、一緒に犯罪を犯しましょうなんて、そんなメッセージは
都合が悪い事だと考えられます。

ですが、『どこか一緒に買い物なんてどうですか?』とか
『年上の紳士的なおじ様希望です』といったコメントの場合は、実は裏に援交目的が隠されているといった事もありえます。

会おうと言えど、すぐ会う訳ではなく、まず最初はメールのやりとりからスタートするのですが、そこでさりげなく援交のお誘いがかかる事もあるそうです。

例えば、直接言葉に出さなくても、一緒に買い物をしている時に、
『このバッグ欲しいなぁ』なんて甘えられた日には、ついつい購入してしまったり、
とてもセックスで燃え上がっているベッドの中で、
『もうちょっとお金が欲しいな』なんて言われると、つい追加で渡してしまうといったケースは
やはり多いのではないでしょうか。

ですので、出会い系サイトで、明らかに若い年齢の女性からの誘いには、裏に援交相手を探すと言う目的があるといった可能性も
十分ありえるかと思います。

だから、出会い系サイトを利用する上で、危険を感じる人もいる訳ですし、理由は様々あるかと思います。

相互リンク

  • 最近の投稿